外来診療紹介

理事長・院長 挨拶

職員紹介


開業時間

所在地

関連施設
>>> 糖尿病内科


糖尿病内科では、糖尿病や、高脂血症、高血圧症、メタボリックシンドローム、肥満症、骨粗鬆症、高尿酸血症などの生活習慣病等の診療を中心に行っております。糖尿病専門医師、糖尿病療養指導士、看護師、管理栄養士、薬剤師、作業療法士、理学療法士などの充実した体制でチーム医療を展開し、糖尿病などの生活習慣病患者を様々な角度からサポートしています。糖尿病治療の基本は、血糖値をできるだけ適正な範囲内に保つことですが、血糖コントロールを行えば糖尿病が引き起こす合併症を防ぐことが出来ます。また、血圧やコレステロール値などを正常に維持することも合併症防止につながります。検査においては血液検査はもとより、超音波検査やCTなどの画像診断が必要ですが、当院では迅速且つ最新の医療機器で検査が行えるシステムが確立されています。薬物療法、食事療法、運動療法は糖尿病及び生活習慣病治療において極めて重要となりますが、患者さんの病状に合わせた栄養指導なども糖尿病療養指導士の資格を持った管理栄養士が行っております。


>>> 肝臓内科

B型、C型肝炎ウイルス等によるウイルス性肝疾患、自己免疫異常からくる自己免疫性肝疾患、お酒の飲み過ぎからくるアルコール性肝疾患、太り過ぎなどからくる脂肪肝、その他の肝疾患を対象としています。急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、食道胃静脈瘤、肝癌等の診断と治療を行います。また、慢性肝炎の治療としてはインターフェロン治療も行っております。外来は、土曜日の午前診療で、これらの疾患に精通した肝臓内科専門医師が外来診療をおこなっています。


>>> 循環器内科

循環器内科は小倉記念病院と病病連携を行っています。高血圧症や動脈硬化症、動・静脈瘤、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、さらに不整脈や心筋・心膜疾患などを治療します。外来は、水曜日の午後診療で、これらの疾患に精通した循環器科専門医師が小倉記念病院より来院し外来診療を行っております。


>>> リウマチ科

 

リウマチとは、多発性の関節炎を主病変とする全身の慢性炎症疾患です。進行すると関節の変形や機能障害が起こります。発病初期には症状の個人差が大きく、また、関節リウマチ以外にも関節の痛みを伴う病気は沢山あります。当院では専門医師の診察により、X線検査や採血検査で鑑別診断につとめ、病状を十分に把握、観察し、症状にあった治療法を発見し経過を見ながら治療を行っております。


>>> 消化器内科


消化器内科では食道、胃、十二指腸、大腸などの消化管疾患を扱っています。内視鏡検査、]線検査、病理組織検査等で鑑別診断を行っております。また、潰瘍や炎症等に対しても内視鏡的、内科的治療を行っております。


>>> 呼吸器内科

呼吸器疾患の症状としては咳、痰、息切れ、喘鳴、呼吸困難、胸痛などがあり、対象疾患は、気管支炎、肺炎、気管支拡張症などの感染性肺疾患、肺気腫,慢性気管支炎といった慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、過敏性肺炎といったアレルギー性肺疾患、間質性肺炎、サルコイドーシスなどのびまん性肺疾患、胸膜炎、自然気胸などの胸膜疾患、肺癌、中皮腫などの腫瘍性疾患と多岐にわたっております。


>>> 泌尿器科


泌尿器科では膀胱炎、尿路感染症、血尿、尿路結石、排尿障害、尿失禁をはじめとし、膀胱癌、前立腺癌、腎癌、精巣腫瘍などの悪性腫瘍等の診断治療を行います。具体的には、前立腺癌の確定診断のための最重要検査法である前立腺生検、膀胱鏡を用いた経尿道的膀胱腫瘍切除、腎機能障害の管理等を行っています。また、腎臓機能が低下し、人工透析を受けられることになった患者さんには、とう骨動脈と、とう側皮静脈をつなぐシャントと呼ばれるものを造る必要がありますので、この手術も泌尿器科で行います。手術時間は約1時間30分位となっております。


>>> 人工透析部門

 

慢性腎不全患者さんの透析導入期から透析維持期までサポートしています。病床数は20床(コンソール17台、個人機3台)でワンフロアの明るい空間で各ベッドに液晶テレビを備え付け、快適に治療をおこなって頂けるように工夫しています。透析治療を受けながらでもQOL(生活の質)を維持・向上して頂けるように医師・看護師・臨床工学士が一丸となってチーム医療を行っています。透析液の清浄化対策ではエンドトキシンカットフィルターを取り付けており、月に1回の透析液清浄化度を測定してより安全で安心な治療を提供しております。

透析治療以外には

1.白血球吸着除去療法(LCAP) …関節性リウマチや潰瘍性大腸炎の治療
2.血漿吸着療法(PA)

…多発性硬化症・肝性昏睡・急性肝不全

 慢性C型ウイルス肝炎・劇症肝炎

 術後肝不全・悪性関節リウマチ

 閉塞性動脈硬化症・溶血性尿毒症症候群

 巣状糸球体硬化症・マクログロブリン血症

 多発性骨髄腫・薬物中毒・重症筋無力症

 血栓性血小板減少性紫斑病

 ギランバレー症候群

 全身性エリテマトーデス

 などの治療

3.免疫吸着療法(IA)
4.血漿交換療法(PE/DFPP)
5.血漿冷却濾過法(cryofiltration)
6.ウイルス除去療法(VRAD)
7.腹水・胸水濃縮還元療法 …難治性腹水・胸水症の治療
5.血液吸着療法(HA/DHP)

…薬物中毒・エンドトキシン血症(重症敗血症)などの治療

などの多岐にわたる治療を行っています。

>>> 消化器外科


主として消化器疾患(良性・悪性腫瘍、機能的疾患、胆道系疾患など)の外科治療などを実施しています。内視鏡及び腹腔鏡の進歩は著しく、ポリープ切除や粘膜及び部分切除等の外科的治療に取り組んでおります。


>>> 整形外科


整形外科は人体の運動器官を造り上げている骨・関節・筋肉・靭帯・腱などの病気や外傷(ケガ)を取り扱う科で、これらの疾患について診断治療します。毎週土曜日の午前に診療を行っています。


>>> リハビリテーション


リハビリテーション科は理学療法士、作業療法士をはじめとするスタッフで構成されており、病気や怪我で身体に障害を受けた入院及び外来患者さんに対し、主に『運動療法』と『物理療法』を用いて、身体能力の改善を目指し治療を行っています。年齢制限なく、小さなお子さんから高齢の方まで、楽しみながら通っていただいています。私たちリハビリテーションスタッフは、「患者さんとそのご家族が、再び住みなれた地域で安心して生き生きと暮らしていくことができるように」という信念の基に、患者さんへ全力でアプローチいたします。


>>> 臨床検査部門


臨床検査部門では、生理学検査、検体検査を行っています。生理学検査とは、超音波検査、PWV検査、心電図検査、肺機能検査、眼底カメラ撮影などがあります。PWV検査では、動脈硬化の程度の評価を行い、眼底出血の有無は眼底カメラで検査します。いずれも糖尿病合併症の早期発見に欠かせない検査と言えます。腹部超音波検査では、胆嚢や胆管、肝臓、脾臓、腎臓などの状態を調べます。検体検査では、主に血液や尿などを分析器を使用して結果を数値化し、糖尿病、メタボリックシンドロームをはじめ、様々な診断の指標として用いられます。採血してから40分以内の報告を心がけています。臨床検査部門では、病気の早期発見を目指し、より正確なデータ、より迅速な報告を目指しています。


>>> 放射線部門


早期発見・早期治療のための高度な技術と最新の設備〜
糖尿病の合併症である、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)は死に直結する重大な疾患です。当院では、このような疾患の早期発見のため、また高度な医療を行うべく世界最高クラスのCT装置(320列マルチスライスCT−東芝Aquilion ONE TSX-301C)を採用しております。心臓(冠動脈)CTでは患者さんの体内にカテーテル(チューブ)を挿入することなく冠動脈(心臓を栄養する血管)を描出できるようになりました。このことにより3次元画像であらゆる角度から自由に患部を観察できるようになり無症候性の虚血性心疾患の早期発見など画期的な効果を生み出しています。


>>> 栄養部門


入院患者さんの一人一人の病状に応じた治療効果のある調整された食事を、安全で美味しく提供し、患者さんに喜ばれる食事サービスができるよう日々励んでいます。アレルギーや食欲不振・治療による味覚の変化など、その他の病状により、食事がすすまない患者さんに対して、栄養士が聞き取りを行い、病状に対応した食事の変更を行っています。また、肉や魚嫌いなどといった嗜好にも、きめ細かく対応できるよう心がけています。その他、お正月やクリスマスといった行事に見合った四季の献立を取り入れています。


>>> 糖尿病患者会 美夜古さんとう会


糖尿病の患者さんと医療スタッフが構成する団体で、『患者さんが医師の声を、医師が患者さんの声を、そして患者さん同士がお互いの声を聞ける場』です。先輩患者さんの体験談を聞いたり、時間の限られた外来では聞けないことを、医療スタッフに尋ねたりもできます。また日本糖尿病協会の月刊誌『さかえ』からより良い情報を得ることで、励まされることも多いと思います。糖尿病の方、そのご家族の方、ぜひ糖尿病友の会『美夜古さんとう会』にご入会ください。きっとあなた自身の療養の助けになると思います。


>>> 入院病棟紹介

 

2東病棟

2東病棟は一般病床で、急性期の治療が必要な患者さんが入院されています。手術や検査・処置を中心とした、健康回復への医療・看護を行なっている病棟です。当病棟は平成15年に新規増設され、広く、ゆとりのある病室で入院生活を送って頂いています。患者さん・ご家族に優しさと誠意をもって接し、「皆さんにほほえんで頂ける温かい看護」を目指して行きたいと思います。

2西病棟

2西病棟の病床数は51床であり、一般病床となっています。
当病棟では、糖尿病についての正しい知識を身に付け、退院後も適切な生活習慣が継続していけるように2週間の糖尿病教育入院を行っています。

3西病棟

3西病棟は療養病床で、急性期の治療が一段落し、在宅復帰または施設入所にむけた患者さんが入院され、血糖のコントロール・リハビリ等を中心とした、生活サポートを行なっています。当病棟は3階にあり、明るく見晴らしのよい環境が患者さんにも癒しの空間となっています。ひとりひとりの患者さんとご家族に“笑顔”と“優しさ”をもって接し、“安心できる環境”を提供したいと考えています。


2東病棟47床  2西病棟51床  3西病棟50床
入院病床数148床 / 詳細 一般病床98床 療養病床50床


  ↑このページのTOPへ戻る
HOME 担当医 病院案内 お問合せ 病院指針
Copyright(C)2009 Yukuhashi Central Hospital